連載

わたしのふるさと便

あまり知られていない観光スポットや地元で人気の食べ物を、現地で勤務する支局長が紹介。47都道府県を巡ります。

連載一覧

わたしのふるさと便

秘密のグルメ 山形県 あっさり和風「鳥中華」 「まかない」から全国区

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
拡大

 そばとラーメンを愛する麺好きの県民性が生んだと言えるのが「鳥中華」。中華麺に和風だしのあっさり味で、雑誌やテレビ番組で取り上げられ、知名度が向上した。

 そばに使うだしと鶏肉を使い、山形県天童市のそば屋「手打水車生そば」のまかない食として誕生。一部の人だけの裏メニューだったが、口コミで評判となり、グルメ本ブームに乗って大ヒットし、提供店も県内に広がった。

 発祥の地、同店では3種類の魚の節を削って取ったこだわりの和風だしに鶏肉、天かす、ノリをトッピングし、コショウをきかせる。どこか懐かしさを感じさせる味にリピーターも多く、1日約1500杯と店の一番人気となったことも。当主の矢萩長兵衛さん(74)は「本当はそばを食べてほしいんだけど」と苦笑いするが、県麺類飲食生活衛生同業組合理事長も務めるだけに「山形の麺文化を全国にアピールできた」と喜ぶ。

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集