特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

ロシア軍、ドンバス地方でも苦戦か 英国防省「侵攻計画に遅れ」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 ウクライナ軍は14日、ロシア軍が攻略を図っていたウクライナ第2の都市の北東部ハリコフから撤退を始めたと発表した。英紙ガーディアンなどが伝えた。ロシア軍は首都キーウ(キエフ)近郊から撤退後、ハリコフなどに部隊を集中させたが、ウクライナ軍の反転攻勢で国境付近まで退却を余儀なくされた模様だ。2月の侵攻開始以来続いていた砲撃は収まったという。

 ハリコフの市長は英BBC放送に「市内にロシア兵の姿はなく、露軍の戦車なども除去した」と述べた。退避していた市民も徐々に市内に戻り始めたという。

この記事は有料記事です。

残り518文字(全文759文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集