和歌祭400年の節目に5万人 吉宗役・松平健さん白馬で大名行列

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
徳川吉宗公役として大名行列に参加した松平健さん(中央)=和歌山市で2022年5月15日午後0時22分、滝川大貴撮影
徳川吉宗公役として大名行列に参加した松平健さん(中央)=和歌山市で2022年5月15日午後0時22分、滝川大貴撮影

 和歌山市和歌浦西2の紀州東照宮の例大祭「和歌祭」が15日、営まれた。今年は始まってから400年の節目にあたり、例年の地元・和歌浦地区だけでなく、神輿(みこし)が和歌山城までわたった他、渡御行列は城周辺で繰り広げられた。祭りは新型コロナウイルスの影響で、2020年、21年は神事のみ実施。3年ぶりに街中を行く行列を見ようと、約5万人(主催者発表)が城周辺に詰め掛けた。

 紀州東照宮は初代紀州藩主、徳川頼宣が父・家康をしのんで1621年に創建。祭りは翌22年に始まったとされる。祭りの見どころの一つは東照宮の108段の石段を下る「神輿(みこし)おろし」。地元の人たちを中心に約100人が担ぎ、神輿を左右に傾けながら境内を進んだ。東照宮を出発した神輿はその後、県立和歌山工業高ラグビー部員や和歌山大硬式野球部員ら計約150人が交代しながら担いだ。「チョーサ、チョーサ」の掛…

この記事は有料記事です。

残り482文字(全文866文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集