特集

沖縄復帰50年

2022年5月15日、沖縄は本土に復帰して50年を迎えました。何が変わり、何が変わっていないのか。沖縄の歩みと「今」を伝えます。

特集一覧

「命どぅ宝」に込めたテーマ 沖縄ブーム起こした「ちゅらさん」秘話

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「ちゅらさん」パート4の制作が決まり抱負を語る(左から)平良とみさん、国仲涼子さん、藤木勇人さん=沖縄県のNHK沖縄放送局で2006年3月10日
「ちゅらさん」パート4の制作が決まり抱負を語る(左から)平良とみさん、国仲涼子さん、藤木勇人さん=沖縄県のNHK沖縄放送局で2006年3月10日

 沖縄の芸能、エンタメは、沖縄戦で大きく傷付いた沖縄の人々を、そして沖縄を訪れる人々を、励まし、癒やし、元気づけてきた。日本復帰から50年。まずは21年前に「沖縄ブーム」を巻き起こしたNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ちゅらさん」。地元出身の女優、国仲涼子さんの出世作でもある。「太陽に当たっているみたいに元気になる。そのイメージにぴったりだった」。撮影現場を取材していた記者が、当時のプロデューサーに会いに行き、今だからこそ語れるオーディションの秘話、撮影のエピソードを聞いた。前編と後編に分けてお伝えする。【油井雅和】

ちゃぶ台で家族が食事するドラマを

 松の内が明けた2001年冬の那覇市。地元の人は「寒い」と話していたが、東京から取材で足を運んだ私には太陽が降り注ぎ、暑すぎもせず寒くもなく、吹き抜ける風も実に心地よかった。

 市内中心部で、朝ドラ「ちゅらさん」の撮影は進んでいた。国際通りの書店に入る学生服姿の恵里(愛称えりぃ)=国仲涼子。その姿をタクシー運転中に見かけ、心配そうな父・恵文(けいぶん)=堺正章。すぐ近くの市場では、母・勝子(田中好子)が黄色いエプロン姿でサーターアンダギーを揚げていた。

 「ちゅらさん」(沖縄のことば、うちなーぐちで「清らか」という意味)は、2001年4~9月に放送された。

 「最初から沖縄で、ではなかった。朝ドラを担当することになり、朝ドラってホームドラマだよねという感覚があって、ちゃぶ台を囲んで家族みんなで食事するようなドラマをやりたい。それが一番なじむのはどこだろうと考え、それが沖縄だった」。久しぶりに会った当時のプロデューサー、菅康弘さん(63)=NHKエンタープライズ常務=はそう振り返る。

 脚本は岡田恵和さん。ヒロインの国仲さんは沖縄出身でオーディションで選ばれた。沖縄が舞台の朝ドラは初めてだった。

この記事は有料記事です。

残り2242文字(全文3018文字)

【沖縄復帰50年】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集