特集

沖縄復帰50年

2022年5月15日、沖縄は本土に復帰して50年を迎えました。何が変わり、何が変わっていないのか。沖縄の歩みと「今」を伝えます。

特集一覧

沖縄復帰50年 「基地の理不尽、今も」 川崎でイベント /神奈川

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
沖縄の歴史について講演する仲間恵子さん=川崎市中原区で2022年5月15日、園部仁史撮影
沖縄の歴史について講演する仲間恵子さん=川崎市中原区で2022年5月15日、園部仁史撮影

 沖縄の日本復帰50年を迎えた15日、川崎市中原区の市平和館で記念イベントが開かれた。沖縄近現代史が専門で近畿大非常勤講師の仲間恵子さん(56)=大阪市住之江区=が市民約150人に、米軍基地や日米地位協定などについて語った。

 父が沖縄出身の仲間さんは、1972年の復帰前後の出来事を中心に講演。全国の米軍専用施設面積の約7割が沖縄に集中していることや、米軍に「特権」を認める日米地位協定の実態を説明した。

 住宅地にあり「世界一危険な基地」とも呼ばれる米軍普天間飛行場(宜野湾市)については「米軍が強制接収した後、元の集落に戻れなくなった住民がやむなく基地周辺に集落を築いた」と指摘。よくあるという「基地ができた後に住民自らの意志で住んだのでは」との疑念を払拭(ふっしょく)した。

この記事は有料記事です。

残り167文字(全文506文字)

【沖縄復帰50年】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集