特集

沖縄復帰50年

2022年5月15日、沖縄は本土に復帰して50年を迎えました。何が変わり、何が変わっていないのか。沖縄の歩みと「今」を伝えます。

特集一覧

沖縄復帰50年 基地の現状、憂える 岐阜沖縄県人会会長・大城豊次さん /岐阜

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
1970年に沖縄から岐阜に移住する際に持って来た愛用の三線を奏でる大城豊次さん。音色を聞くと、今でも癒やされる=岐阜市で
1970年に沖縄から岐阜に移住する際に持って来た愛用の三線を奏でる大城豊次さん。音色を聞くと、今でも癒やされる=岐阜市で

「日本全体の問題として考えて」

 沖縄が日本本土に復帰して50年となった15日、岐阜沖縄県人会会長の大城豊次さん(76)=岐阜市=はいまなお変わらない米軍基地の現状を憂える。「基地は沖縄だけの問題ではない」と語り、日本全体の問題として基地問題を考えてほしいと訴える。【黒詰拓也】

 大城さんは1946年1月、長崎県佐世保市生まれ。1歳の時に両親の出身地、沖縄本島南部の南風原(はえばる)村(現在の南風原町)に移り住んだ。

 南風原は太平洋戦争末期、沖縄戦の激戦地。村民の約2人に1人が戦死したとされ、通っていた小学校でもクラスメートの半分は父か母を亡くしていたと記憶している。自身も祖父を失っている。

この記事は有料記事です。

残り673文字(全文970文字)

【沖縄復帰50年】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集