特集

沖縄復帰50年

2022年5月15日、沖縄は本土に復帰して50年を迎えました。何が変わり、何が変わっていないのか。沖縄の歩みと「今」を伝えます。

特集一覧

沖縄の平和、目標遠く 復帰50周年式典、知事「負担軽減を」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
沖縄復帰50周年記念式典のレセプションで行われた「古酒仕次の儀」。モニターに映るのは岸田文雄首相(右)と玉城デニー・沖縄県知事=同県宜野湾市で15日、平川義之撮影
沖縄復帰50周年記念式典のレセプションで行われた「古酒仕次の儀」。モニターに映るのは岸田文雄首相(右)と玉城デニー・沖縄県知事=同県宜野湾市で15日、平川義之撮影

 沖縄は15日、米国統治下から1972年に日本に復帰して50年を迎えた。政府と沖縄県が共催した記念式典での式辞で、沖縄県の玉城(たまき)デニー知事は「復帰にあたって県と政府が共有した『沖縄を平和の島とする』という目標が、なお達成されていない」とし、復帰から半世紀を経ても県内に米軍基地が集中する現状の改善を求めた。岸田文雄首相は「日米同盟の抑止力を維持しながら、基地負担軽減の目に見える成果を着実に積み上げる」と述べた。

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古沿岸部への県内移設計画には、岸田首相、玉城知事ともに式辞で触れなかった。

この記事は有料記事です。

残り804文字(全文1075文字)

【沖縄復帰50年】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集