韓国大統領、IPEF参加に意欲 TPPには言及せず 施政方針演説

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
施政方針演説をする韓国の尹錫悦大統領=ソウルで2022年5月16日、AP
施政方針演説をする韓国の尹錫悦大統領=ソウルで2022年5月16日、AP

 韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領は16日、国会で就任後初の施政方針演説をした。米国が主導するインド太平洋地域の新たな経済圏構想「インド太平洋経済枠組み」(IPEF)について、参加に前向きな姿勢を示した。尹氏はバイデン米大統領が20~22日に訪韓することを踏まえ「IPEFを通じて、世界的な部品供給網を強化する方法を議論する。デジタル経済や炭素中立など多様な経済安全保障の事案も含まれるだろう」と強調した。

 IPEFは、中国への対抗姿勢を鮮明にするバイデン大統領が21年10月に創設を発表した構想。5月下旬に発足する見通しとなっている。21日の米韓首脳会談では、核・ミサイル開発を加速させる北朝鮮への対応▽経済安保▽国際貢献が議題の3本柱で、IPEFは経済安保の主要項目となりそうだ。

この記事は有料記事です。

残り200文字(全文545文字)

あわせて読みたい

ニュース特集