実習中に誤って刃物で脚刺す 愛知の県立高、男子生徒が死亡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
県立高の実習中に生徒が死亡した事故を受け記者会見で謝罪する愛知県教委の幹部=名古屋市中区の愛知県庁で2022年5月16日午後7時29分、酒井志帆撮影
県立高の実習中に生徒が死亡した事故を受け記者会見で謝罪する愛知県教委の幹部=名古屋市中区の愛知県庁で2022年5月16日午後7時29分、酒井志帆撮影

 愛知県教育委員会は16日、三河地区の県立工科高校で木材加工の実習授業中に2年の男子生徒が刃物を誤って脚に刺して重傷を負う事故があり、生徒は12日に死亡したと発表した。

 男子生徒は6日、新品のノミに金づちで金具をはめこむ作業中、刃先が左脚の付け根付近に当たった。傷は外腸骨動脈に達し、出血多量で心停止…

この記事は有料記事です。

残り158文字(全文308文字)

あわせて読みたい

ニュース特集