特集

沖縄復帰50年

2022年5月15日、沖縄は本土に復帰して50年を迎えました。何が変わり、何が変わっていないのか。沖縄の歩みと「今」を伝えます。

特集一覧

沖縄復帰50年 旅券焼き、願った自由 尼崎の宮城さん、当時語る /兵庫

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
パスポートを焼く沖縄県人会兵庫県本部の人たち=兵庫県尼崎市で1972年5月、共同
パスポートを焼く沖縄県人会兵庫県本部の人たち=兵庫県尼崎市で1972年5月、共同

 小さな冊子が次々と炎に投げ入れられ、会場が沸いた。沖縄が日本に復帰した1972年5月15日直後の21日、沖縄県人会兵庫県本部が尼崎市で開いた集会。米統治下の沖縄と日本は自由に行き来できず、パスポートは分断の象徴だった。父が集会に参加した同市の宮城和子さん(80)は「私たちも日本人だという気持ちの表れだった」。だが過重な基地負担は変わらず、願いは届いていない。

この記事は有料記事です。

残り747文字(全文928文字)

【沖縄復帰50年】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集