連載

「万葉古道」を尋ねて

万葉の時代の暮らしを支えた「古道」。わずかな手掛かりを頼りにいにしえの道を尋ねます。

連載一覧

「万葉古道」を尋ねて

交流・別れ・流浪/99 吉野/40 峠越え実に美しき吉野川 /奈良

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
壺阪峠。前方で右の奈良県大淀町側に下りる。直進すれば高取城跡
壺阪峠。前方で右の奈良県大淀町側に下りる。直進すれば高取城跡

峠越え実(げ)に美しき吉野川

 竜門山地の西部、大淀、高取両町の境界部には、南北に越える壺阪峠(約360メートル)、芦原峠(約310メートル)がある。

 万葉時代、吉野、特に川の美しさを、吉野の宮を訪れた貴族、官吏らを通じて都の人々が知り、憧れるようになる。宮廷人たちが、吉野川を目の当たりにした感動を伝える万葉歌がある。

この記事は有料記事です。

残り1528文字(全文1687文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集