連載

沖縄はいま・復帰50年

毎日新聞デジタルの「沖縄はいま・復帰50年」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

沖縄はいま・復帰50年

米、基地共用化を打診(その1) 5年前 政府、反発想定し断念

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 2017年12月、那覇市のホテル。日米の国旗が置かれた円テーブルを挟んで、在沖縄米軍トップのニコルソン沖縄地域調整官(現在は米国笹川平和財団・特別上級フェロー)は、河野太郎外相(当時)に語りかけた。

 「沖縄にある米軍基地を自衛隊と共同で使用できないか。相互運用性を大きく高められる」

 提案には、米軍と自衛隊を同じ拠点に駐留させることで連携を強化させる狙いがあった。

 米軍と自衛隊は、横田(東京都)、横須賀(神奈川県)、座間(同県)、岩国(山口県)、三沢(青森県)など沖縄県以外の基地の共同使用を進めている。

この記事は有料記事です。

残り667文字(全文921文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集