特集

沖縄復帰50年

2022年5月15日、沖縄は本土に復帰して50年を迎えました。何が変わり、何が変わっていないのか。沖縄の歩みと「今」を伝えます。

特集一覧

沖縄おことば、時代で変遷 復帰50年 陛下、体験交え 作家・保阪正康さん分析

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
沖縄復帰50周年式典にオンラインで出席し、おことばを述べられる天皇陛下=東京都千代田区の皇居・御所で15日(宮内庁提供)
沖縄復帰50周年式典にオンラインで出席し、おことばを述べられる天皇陛下=東京都千代田区の皇居・御所で15日(宮内庁提供)

 太平洋戦争で国内唯一、住民を巻き込んだ地上戦が行われた沖縄は1972年5月15日に日本復帰を果たした。復帰に関する式典で天皇がおことばを出されるのは今回が3回目となる。特異な歴史を歩んだ沖縄に対し、歴代の天皇はどのような気持ちを抱えてきたのか。復帰の日の昭和天皇、復帰20周年の上皇さま、そして今回の陛下のおことばについて、近現代史に詳しいノンフィクション作家の保阪正康さんに分析してもらった。そこから垣間見える天皇の思いとその時代背景とは。

 72年の復帰記念式典は沖縄と東京の2会場で行われ、昭和天皇は東京都千代田区の日本武道館であった式典に出席した。昭和天皇は戦後の46~54年に46都道府県を巡ったが、米国統治下にあった沖縄のみ訪問できず、復帰後は何度か訪問が検討されたが、地元の反対や健康問題などもあり、ついに沖縄の地を踏むことなく亡くなった。

この記事は有料記事です。

残り1816文字(全文2193文字)

【沖縄復帰50年】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集