米、北朝鮮IT技術者の「隠れ出稼ぎ」に警告 国や企業に呼びかけ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
写真はイメージ=ゲッティ
写真はイメージ=ゲッティ

 米政府は16日、北朝鮮のIT技術者が身分を隠して外国企業とフリーランス契約を結び、核・ミサイル開発の資金調達やサイバー攻撃に加担していると注意喚起した。アプリやゲームの開発に携わり、1人で年間30万ドル(約3870万円)以上を稼ぐ技術者もいた。国連安全保障理事会決議は北朝鮮労働者の外国での出稼ぎを禁止しており、米国は「隠れ出稼ぎ」を防ぐよう各国や企業に呼びかけた。

 米国務省、財務省、連邦捜査局(FBI)の合同発表によると、金正恩朝鮮労働党総書記は外貨獲得のためにIT技術者の育成を重視しており、金日成総合大など主要3大学だけで3万人以上がITを学んでいる。国内外で数千人以上のIT技術者が活動。中国やロシア、アフリカ、東南アジアに拠点を置くケースが多いが、北米や欧州、東アジアでも活動している。

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文809文字)

あわせて読みたい

ニュース特集