九大に7700万円賠償命令 屋久島体験授業で学生水死 福岡地裁

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
福岡地裁=福岡市中央区で
福岡地裁=福岡市中央区で

 鹿児島県屋久島町で2016年、九州大1年の男子学生(当時19歳)が授業のフィールドワーク中に川で水死した事故があり、両親が九大や引率した担当教授に9145万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、福岡地裁は17日、九大に7700万円の支払いを命じた。日景聡裁判長は「救命胴衣など救命具の準備もしないまま入水を指示し、過失は重大だ」と述べた。

 判決などによると、事故は16年9月、自然体験などをする3泊4日の授業初日に起きた。農学研究院の男性教授(現在は退職)は川幅約80メートルの安房川で、希望者に「適当に泳いで」などと指示。川に入った7人のうち2人が溺れ、うち男子学生が行方不明になり、約1時間後に見つかったが死亡が確認された。九大は17年に事故の調査報告書をまとめ、教授を出勤停止3カ月の懲戒処分とし、教授は18年に業務上過失致死罪で屋…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文700文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集