建築 東京・立川「GREEN SPRINGS」「立川市庁舎」 緑ある公共性の高い場=評・五十嵐太郎

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
グリーンスプリングスのビオトープ=五十嵐太郎氏撮影
グリーンスプリングスのビオトープ=五十嵐太郎氏撮影

 ゴールデンウイークのよく晴れた日、東京都立川市のJR立川駅北側のエリアを訪れた。2020年にオープンした「GREEN SPRINGS(グリーンスプリングス)」は、南北約400メートル、東西約100メートルの敷地においてオフィス、ホテル、3000人収容のホール、子供のための美術館と屋内広場、商業施設などで構成された巨大な複合施設だ。特筆すべきは建築ではない部分、すなわち巨大な中庭のようなランドスケープだろう。

 地上レベルの中央を駐車場とし、自動車が走る道路と切り離された人工地盤となる2階レベルには、X形に交わる印象的な街路を設定し、ファウンテン(噴水)、ビオトープ、芝生広場などを組み込む。「ランドスケープ・プラス」が手がけたデザインである。また東側は空中を走る多摩都市モノレールがちらっと見え、子供が遊んでいた長大なカスケード(階段状の滝)と並走する階段を上ると、屋上レベルから隣接する国営昭和記念公園の…

この記事は有料記事です。

残り552文字(全文958文字)

あわせて読みたい

ニュース特集