特集

沖縄復帰50年

2022年5月15日、沖縄は本土に復帰して50年を迎えました。何が変わり、何が変わっていないのか。沖縄の歩みと「今」を伝えます。

特集一覧

沖縄復帰50年 語る平和な未来 歴史通じ社会問題に目を 広島経済大・新垣教授 講演会に学生60人 /広島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
沖縄出身の新垣繁秀教授(左)の体験を聞く学生=広島市安佐南区の広島経済大学で、山本尚美撮影
沖縄出身の新垣繁秀教授(左)の体験を聞く学生=広島市安佐南区の広島経済大学で、山本尚美撮影

 広島経済大学(安佐南区)の新垣繁秀教授(58)は16日、小学3年で体験した沖縄の日本復帰を学生約60人に語った。

 友達と「日本になったら、冬に雪が降るかな」と笑い合い、親族は「復帰前は1万ドルあれば利子で生活できた」と話していた。ドルから円への通貨切り替えで物価は高騰し「レート以上に高くなった感覚だった」という。復帰後の沖縄県民の意識やアイデンティ…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文441文字)

【沖縄復帰50年】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集