特集

沖縄復帰50年

2022年5月15日、沖縄は本土に復帰して50年を迎えました。何が変わり、何が変わっていないのか。沖縄の歩みと「今」を伝えます。

特集一覧

沖縄復帰50年 語る平和な未来 安全とは、基地の意義考える 市民団体が集会 中区 /広島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「三線」を演奏する中村盛博さん(右)ら=広島市中区の広島弁護士会館で、根本佳奈撮影
「三線」を演奏する中村盛博さん(右)ら=広島市中区の広島弁護士会館で、根本佳奈撮影

 1972年の沖縄の日本復帰から50年を迎えた15日、日米安保条約や米軍基地について考える集会が中区の広島弁護士会館であり、約70人が沖縄出身者らの話に耳を傾け、三線(さんしん)を鳴らして歌った。

 市民団体「広島と沖縄をむすぶドゥシグヮー」共同代表で、広島沖縄県人会顧問の中村盛博さん(72)は「アメリカ世(ゆ)は終わったのか」と題し講演した。沖縄県中城村出身で、復帰前の68年に広島大に進んだ。「広島に来たころは学生運動…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文529文字)

【沖縄復帰50年】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集