民事裁判IT化法が成立 25年度にも全面施行 訴状提出や弁論

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
国会議事堂=川田雅浩撮影
国会議事堂=川田雅浩撮影

 民事裁判の手続きをIT化する民事訴訟法改正案は18日、参院本会議で可決、成立した。提訴から判決言い渡しまで民事裁判を全面的にIT化する内容で、2025年度までに全面施行される見通し。

 民事裁判を起こす場合、現在は訴状を裁判所に持参するか郵送しなければならないが、改正法はインターネットを通じて訴状を出す「オンライン提出」を認めた。法廷で主張を交わす口頭弁論は、当事者がウェブ会議で参加できるようになる。

 また、現在、紙でやり取りされている裁判記録は改正法の施行後、原則として電子データで蓄積され、当事者は自宅にある端末などから閲覧できるようになる。今は裁判所から当事者側に郵送されている判決は、ネットを通じて送達されダウンロードできるようになる。

この記事は有料記事です。

残り465文字(全文789文字)

あわせて読みたい

ニュース特集