特集

沖縄復帰50年

2022年5月15日、沖縄は本土に復帰して50年を迎えました。何が変わり、何が変わっていないのか。沖縄の歩みと「今」を伝えます。

特集一覧

若者たちが伝えたかった沖縄 映画「パイナップル・ツアーズ」再見

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「パイナップル・ツアーズ」より。(左から)利重剛、名嘉トミ、宮城祐子Ⓒスコブル工房
「パイナップル・ツアーズ」より。(左から)利重剛、名嘉トミ、宮城祐子Ⓒスコブル工房

 沖縄を語るのに沖縄戦や米軍基地問題は欠かせない。だが、それだけではない。30年前、「本当の自分たちの生活や文化を見せよう」と沖縄で暮らす3人の若者が「県産品娯楽映画」と銘打った作品を製作し、県内外で反響を呼んだ。その映画「パイナップル・ツアーズ」のデジタルリマスター版の上映が、本土復帰50年を機に全国各地で始まった。30年前の若者たちが伝えたかった沖縄とは――。【油井雅和】

 「パイナップル・ツアーズ」の舞台は、米軍の不発弾が今も地中に残る架空の離島。観光開発に揺れる島で、沖縄独自の風習にもカメラを向けながら、沖縄らしいおおらかさと笑いが盛り込まれたドタバタ喜劇だ。監督は、琉球大学映画研究会出身の真喜屋力(まきや・つとむ)、中江裕司(なかえ・ゆうじ)、當間早志(とうま・はやし)の3氏。3話のオムニバス形式で物語をつなぎ、全体としても一つの映画として楽しめる。

この記事は有料記事です。

残り1796文字(全文2180文字)

【沖縄復帰50年】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集