特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

空港検疫、陽性率に応じて3段階に緩和へ 政府、今夏にも導入

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
首相官邸=竹内幹撮影
首相官邸=竹内幹撮影

 政府は新型コロナウイルスの水際対策について、空港検疫の検査で陽性と判定される「陽性率」を海外の国・地域ごとに三つのグループに分け、それに応じて入国時の検査や自宅での待機措置を免除する方針を決めた。

 政府は6月1日から、入国者数の上限を現行の1日1万人から2万人に緩和する方針だが、当面は現行の検疫体制を続けたうえで、今夏にも導入する。20日にも公表する。

 現在は入国者全員の検査などを実施しているが、陽性率に応じて海外の国・地域を三つのグループに分け、割合が最も低いグループからの入国者については、ワクチン接種の有無にかかわらず検査を免除する。

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文503文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集