特集

知床観光船事故

2022年4月23日、知床半島沖で観光船が沈没。乗客乗員計26人のうち14人が死亡、12人が行方不明に。

特集一覧

潜水士がカズワン船内へ 19日「飽和潜水」作業船で捜索活動

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
見つかったカズワンの船体=海上自衛隊掃海艇「いずしま」撮影(海上保安庁提供)
見つかったカズワンの船体=海上自衛隊掃海艇「いずしま」撮影(海上保安庁提供)

 北海道・知床半島沖で観光船「KAZU Ⅰ(カズワン)」が沈没した事故で、深い海での捜索作業を可能にする「飽和潜水」を実施するため、拠点となる作業船「海進」が18日午後4時ごろ、沈没現場に向けて網走港を出港した。19日午後に潜水士がカズワンの内部に入り、行方不明者がいないか確認する。

 第1管区海上保安本部(小樽)によると、潜水士3人が海進にある密閉された特殊な部屋で、時間をかけてヘリウムや酸素の混合ガスを吸いながらカズワンが…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文537文字)

【知床観光船事故】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集