特集

沖縄復帰50年

2022年5月15日、沖縄は本土に復帰して50年を迎えました。何が変わり、何が変わっていないのか。沖縄の歩みと「今」を伝えます。

特集一覧

沖縄の文化、忘れない 復帰50年 伊勢崎の日系ブラジル人 キシモト・トシコさん /群馬

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ブラジル・サンパウロでの沖縄文化を語るキシモト・トシコさん=群馬県伊勢崎市で2022年5月13日、庄司哲也撮影
ブラジル・サンパウロでの沖縄文化を語るキシモト・トシコさん=群馬県伊勢崎市で2022年5月13日、庄司哲也撮影

一家のルーツに特別の思い

 ブラジルの故郷には沖縄の文化がいっぱいあった――。伊勢崎市で弁当とハンバーガーの店「KMT」を経営する日系ブラジル人2世のキシモト・トシコさん(67)は、そう話す。キシモトさんのルーツは、本土復帰50年を迎えた沖縄にある。ブラジルの故郷、サンパウロ市ビラ・カロン区には沖縄コミュニティーがあり、沖縄文化が受け継がれていた。キシモトさんは「おじいさんは三線(さんしん)の先生。家ではウチナーグチ(沖縄言葉)を話し、沖縄そばもあった」と振り返る。【庄司哲也】

 ハンバーガーの販売が始まる夕方になると、KMTには続々と客が訪れ、店内ではポルトガル語が飛び交う。1999年に来日したキシモトさんは伊勢崎市内外で働き、2016年に店を開いた。祖父のコバシカワ・カマスケさんは、沖縄本島南部・西原町出身で、1934年に生活の糧を得ようとブラジルに移住した。キシモトさんの父コバシカワ・ノリヨシさんは、当時6歳だったという。

この記事は有料記事です。

残り878文字(全文1296文字)

【沖縄復帰50年】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集