冷た~いドリンク飲んで「貢献」身近に 星翔高に設置「犯罪被害者支援」自販機 /大阪

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
売上金の一部が犯罪被害者支援団体に寄付される自動販売機を設置し、感謝状を受け取る私立星翔高の辻井安喜校長=大阪府摂津市の同校で、横見知佳撮影
売上金の一部が犯罪被害者支援団体に寄付される自動販売機を設置し、感謝状を受け取る私立星翔高の辻井安喜校長=大阪府摂津市の同校で、横見知佳撮影

摂津署が感謝状 若い世代も知って

 売上金の一部が犯罪被害者の支援活動に充てられる飲料の自動販売機が、私立星翔高校(摂津市三島3、生徒数665人)に4月設置された。支援団体はこうした善意に支えられており、貴重な収入源になる見込み。辻井安喜校長は「生徒が日ごろからよく使う自販機で、社会貢献活動を身近に感じてほしい」と期待を寄せる。【横見知佳】

 自販機は、校内の食堂に1台設置された。前面に「被害者支援を応援する自販機」と書かれ、「売り上げは、犯罪や事故の被害者のための相談・支援活動に活用されます」と記されている。

この記事は有料記事です。

残り563文字(全文819文字)

あわせて読みたい

ニュース特集