特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

23年G7サミット、広島開催で調整 政府、世界に被爆伝える狙い

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
平和記念公園と原爆ドーム(奥)=本社ヘリから猪飼健史撮影
平和記念公園と原爆ドーム(奥)=本社ヘリから猪飼健史撮影

 政府は、日本で2023年に開かれる主要7カ国首脳会議(G7サミット)を広島県・市で開催する調整に入った。ロシアのウクライナ侵攻で核の脅威が高まる中、岸田文雄首相の地元でもある被爆地・広島で被爆の実相を世界に伝える狙いがあるとみられる。

 G7首脳会議は各国が毎年持ち回りで主催しており、今年は6月にドイツ・エルマウで開催される。23年は日本が議長国で、広島県・市や福岡県・市、名古屋市の3地域が誘致を表明しており、交通アクセスや宿泊施設、警備面などさまざまな観…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文575文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集