特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

バイデン氏、北欧2カ国のNATO申請強く支持 「侵略に立ち向かう」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
バイデン米大統領=スイス・ジュネーブで2021年6月16日、鈴木一生撮影
バイデン米大統領=スイス・ジュネーブで2021年6月16日、鈴木一生撮影

 バイデン米大統領は18日、フィンランドとスウェーデンによる米欧の軍事同盟・北大西洋条約機構(NATO)への正式な加盟申請を受け、「心から歓迎し、強く支持する」との声明を発表した。NATO加盟国に速やかな加盟手続きを求め、申請中も「米国は両国と連携し、あらゆる脅威を警戒して侵略に立ち向かう」と表明した。

 バイデン氏は、NATO加盟国の集団防衛を定めた北大西洋条約第5条について、米国が義務を果たす決意は「揺るぎない」と強調。フィンランドとスウェーデンは「米国の長年の力強いパートナー」とし、NATO加盟により米欧の防衛協力がさらに強化されるとした。

この記事は有料記事です。

残り478文字(全文753文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集