特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

北朝鮮、コロナ感染爆発 ミサイル・核実験に影響か

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
北朝鮮の首都・平壌の「防疫危機制圧」のため、朝鮮人民軍の軍医部門と国防省が開いた決意集会。後ろの赤い看板には「金正恩同志さえいれば、いつも必ず勝つ!」と書かれている=2022年5月16日、朝鮮中央通信・朝鮮通信
北朝鮮の首都・平壌の「防疫危機制圧」のため、朝鮮人民軍の軍医部門と国防省が開いた決意集会。後ろの赤い看板には「金正恩同志さえいれば、いつも必ず勝つ!」と書かれている=2022年5月16日、朝鮮中央通信・朝鮮通信

 5月12日に初めて新型コロナウイルスの国内流入を認めた北朝鮮が、感染爆発の対応に追われている。ロックダウン(都市封鎖)を徹底するものの、住民のほとんどはワクチン未接種で、医薬品不足も深刻だ。金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党総書記が自ら認めた「建国以来の大動乱」は、収束の兆しが見えない。【ソウル坂口裕彦、渋江千春】

この記事は有料記事です。

残り2105文字(全文2264文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集