特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

米大統領、北欧2カ国「NATO加盟要件満たしている」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
バイデン米大統領
バイデン米大統領

 バイデン米大統領は19日、ホワイトハウスで、フィンランドのニーニスト大統領とスウェーデンのアンデション首相と3者会談し、両国の北大西洋条約機構(NATO)加盟申請を全面的に支援する方針を伝えた。3首脳は会談後、記者会見に臨み、バイデン氏は「両国はNATO加盟の全ての要件を満たしている。加盟でNATOの安全保障の協力が全面的に強化される」と強調した。

 バイデン氏は、ロシアによるウクライナ侵攻を念頭に「NATOはかつてないほど必要とされている」と主張。NATO加盟には「軍事的な相互運用性や経済的透明性、民主的な説明責任などの高い基準を満たす必要がある。両国はそれを達成している」と訴えた。加盟申請中も両国と連携し「いかなる侵略も抑止し、立ち向かう」と改めて表明した。

この記事は有料記事です。

残り212文字(全文547文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集