特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

米露の軍制服組トップ、意思疎通維持で合意 ウクライナ侵攻後初協議

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
米国旗(左)とロシア国旗
米国旗(左)とロシア国旗

 米軍の統合参謀本部は19日、ミリー議長とロシア軍のゲラシモフ参謀総長が電話協議したと発表した。米露両軍の制服組トップによる協議は、ロシアがウクライナ侵攻を開始してから初めて。統合参謀本部によると両者は安全保障に関する懸案事項を話し合い、意思疎通を維持することで合意した。

 米露高官の協議については、オースティン…

この記事は有料記事です。

残り132文字(全文288文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集