特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

米上院、ウクライナ支援で5兆円の追加予算案可決

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
米国旗の星条旗=2018年1月、高本耕太撮影
米国旗の星条旗=2018年1月、高本耕太撮影

 米上院(定数100)は19日、ロシアの侵攻を受けるウクライナや周辺国に対する軍事、経済、人道支援の強化のため2022会計年度(21年10月~22年9月)に総額約400億ドル(約5兆1000億円)の追加予算措置を取る法案を86対11の賛成多数で可決した。下院は通過しており、バイデン大統領が署名して成立する。

 バイデン氏は同日に声明を出し「米国民が民主主義と自由を守るウクライナの勇敢な人々と共に立ち上がるという超党派のメッセージを世界に発信した。議会を称賛する」と述べた。22会計年度の予算を執行する歳出法(3月に成立)ではウクライナなどへの軍事、人道支援に約136億ドルが計上されており、支援予算は総額530億ドル以上となる。

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文767文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集