特集

知床観光船事故

2022年4月23日、知床半島沖で観光船が沈没。乗客乗員計26人のうち14人が死亡、12人が行方不明に。

特集一覧

国後島で新たな遺体見つかる 知床観光船関係者か、特徴を確認中

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
北海道標津町の上空から望む国後島の爺爺岳(左)。右奥は択捉島=本社機「希望」から
北海道標津町の上空から望む国後島の爺爺岳(左)。右奥は択捉島=本社機「希望」から

 北海道・知床半島沖で観光船「KAZU I(カズワン)」が沈没した事故の行方不明者の捜索が進む中、ロシアが実効支配する北方領土・国後(くなしり)島の西側海岸に新たな遺体が漂着していたことが19日、海上保安庁などへの取材で明らかになった。

 現地の捜査当局は日本人の可能性もあるとみて、外交ルートを通じて…

この記事は有料記事です。

残り61文字(全文211文字)

【知床観光船事故】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集