福岡・糸島に4書店入居のユニークビル 新たな文化発信の拠点に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
中田健太郎さん(左)ら九州大生4人が経営する「All Books Considered(オール・ブックス・コンシダード)」。独自の視点で選んだ本や雑誌のほか、リメークした服も販売予定だ=福岡県糸島市前原中央で2022年4月6日、谷由美子撮影
中田健太郎さん(左)ら九州大生4人が経営する「All Books Considered(オール・ブックス・コンシダード)」。独自の視点で選んだ本や雑誌のほか、リメークした服も販売予定だ=福岡県糸島市前原中央で2022年4月6日、谷由美子撮影

 本にまつわる4店が集積するユニークなビルが福岡県糸島市に登場した。JR筑前前原(まえばる)駅にほど近い商店街にある「MAEBARU BOOKSTACKS(マエバル・ブックスタックス)」。それぞれの店主の思いが個性を放ち、新たな文化の発信拠点になりつつある。

 洋装店の店舗兼住宅だった建物を改装した。2021年9月、最初に1階にオープンしたのが、棚の区画ごとに店主が異なるシェア型書店「糸島の顔がみえる本屋さん」(通称・糸かお)。糸島市に移住した経営コンサルタントの中村真紀さん(57)と大堂(おおどう)良太さん(39)が共同で開設し、運営する。その後、21年11月から22年4月にかけて、2階に3店舗が相次いで開業した。

 そのうちの一つ、3月に開店した「All Books Considered(オール・ブックス・コンシダード)」は九州大学の学生4人が経営する。店長を務めるのは、宮崎市出身で、共創学部2年の中田健太郎さん(19)。高校3年の時に地元にできた小さな古書店には前衛芸術やアナーキズムに関する本があり、その「一癖ある選書」(中田さん)に引かれて通い始めたことが書店に興味を持つきっかけになった。

この記事は有料記事です。

残り1102文字(全文1606文字)

あわせて読みたい

ニュース特集