同伴可の補助犬もっと知って 法成立20年「今も認知度低い」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
シンポジウムで話す日本介助犬使用者の会会長の木村佳友さん(左)。手前は介助犬デイジー=東京都千代田区で2022年5月20日、前田梨里子撮影
シンポジウムで話す日本介助犬使用者の会会長の木村佳友さん(左)。手前は介助犬デイジー=東京都千代田区で2022年5月20日、前田梨里子撮影

 身体障害者補助犬法の成立から20年となるのを前に、東京都の衆院第1議員会館で20日、「ほじょ犬の日」啓発シンポジウムが開かれた。補助犬の使用者や専門家、国会議員ら約100人が参加し、同伴拒否などの課題について意見を交わした。

 シンポは超党派の「身体障害者補助犬を推進する議員の会」(会長・尾辻秀久元…

この記事は有料記事です。

残り202文字(全文352文字)

あわせて読みたい

ニュース特集