特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「自分だけマスク外すわけには」 政府の「不要」見解にも残る不安

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
マスクをして歩く人たち=東京・銀座で、丸山博撮影
マスクをして歩く人たち=東京・銀座で、丸山博撮影

 新型コロナウイルス流行下で3度目の夏が近づく中、政府は20日、未就学児にはマスクを求めず、大人でも会話のない屋外などでは不要だとの見解を公表。「それでも自分だけ外すわけには……」。街で話を聞くと、そんな不安も漏れてきた。【奥山はるな、村田拓也、原田啓之】

 東京都内で最高気温が25度を超えて夏日となった19日、上野公園では、半袖姿の親子連れの大半はマスク姿だった。6歳の娘を遊ばせていた女性(36)は「マスクを着けなくて済むならありがたい」と期待する。幼稚園は運動の時間を除いてマスク着用を求めている。娘は一時、顔が肌荒れし、マスクを外してあげたいが「園が規則を見直して全員が着けないようにならないと、娘だけ外すわけにはいかない」と不安が残る。

 「千代田せいが保育園」(東京都)は屋内では年長以外の着用を勧めていない。きちんと着用できないためだ。屋外では全園児にマスクを外させるが、通行人から厳しい視線を感じることがあるといい、倉掛秀人園長は「これで無理してマスクを着ける必要がなくなり気が楽になる」と話した。

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文839文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集