厚労省「経口中絶薬に配偶者同意が必要」に批判相次ぐ 何が問題か

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
厚労省は、人工妊娠中絶を外科処置なしに行える経口中絶薬について承認審査を行っている(写真はイメージ)=ゲッティー
厚労省は、人工妊娠中絶を外科処置なしに行える経口中絶薬について承認審査を行っている(写真はイメージ)=ゲッティー

 人工妊娠中絶を外科処置なしに行える経口中絶薬について、承認審査を行っている厚生労働省が17日の参院厚労委員会で「(服薬には)配偶者同意が必要」とする見解を示した。SNS上では「自分の体のことなのに、なぜ配偶者の許可が必要なのか」などと、議論を呼んでいる。厚労省がこのような見解を示したのはなぜか。問題点はどこにあるのか。【賀有勇】

「女性は所有物?」

 異論が相次いだ発端は17日、参院厚労委員会での一幕だ。社民党の福島瑞穂党首が、経口中絶薬の使用に、配偶者の同意が必要となるのか問いただしたのに対して、厚労省の橋本泰宏子ども家庭局長は「母体保護法に基づき、原則、配偶者の同意が必要と考えている」と答弁した。

 この答弁に対し、福島党首は「中絶をするのに本人が判断できないんですよ。これはまさしく女性のリプロダクティブヘルス・ライツ(性と生殖に関する健康と権利)に反する」と抗議した。

 このようなやりとりを受け、SNS上では批判が相次いだ。

 〈中絶を希望しているのに、夫が同意せず、産むことになったらと想像しただけで苦しいし、その先どう生きていくのか自信がない〉

 〈女性が中絶したい場合は、望まない妊娠をした時。望まない妊娠をさせた男に文句言う権利あるの?〉

 〈女性を所有物と思っていた中世なのかな〉

 一方で、…

この記事は有料記事です。

残り1197文字(全文1750文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集