大ヒット漫画『タコピーの原罪』 絶望的現実にハッピーのヒント

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
紀伊国屋書店グランフロント大阪店にできた『タコピーの原罪』の特設コーナー=大阪市北区で2021年4月、清水有香撮影
紀伊国屋書店グランフロント大阪店にできた『タコピーの原罪』の特設コーナー=大阪市北区で2021年4月、清水有香撮影

成長と和解もたらす「おはなし」

 漫画『タコピーの原罪』(集英社)=写真は上巻 Ⓒタイザン5/集英社=の快進撃が止まらない。2021年12月から漫画アプリ「少年ジャンプ+」で連載され、今年3月25日の最終話はわずか1日で閲覧数300万を突破。単行本上下巻の発行部数はデジタル版を含め120万部を超えた。宇宙から来た“ハッピー星人”タコピーと、いじめや家庭崩壊など過酷な日常を生きる小学生を巡るドラマはなぜ、読者の心に刺さったのか。

この記事は有料記事です。

残り1885文字(全文2099文字)

あわせて読みたい

ニュース特集