ゴールデンゲームズ㏌のべおか パリへ村山選手(旭化成)好走 男子5000メートル 「狙い通りのレース」 /宮崎

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
 陸上の「ゴールデンゲームズinのべおか」の男子5000メートルで13分36秒84をマークした村山謙太(右から2人目)
 陸上の「ゴールデンゲームズinのべおか」の男子5000メートルで13分36秒84をマークした村山謙太(右から2人目)

不振抜け出す契機に

 目指す2年後のパリ・オリンピックへ、不振を抜け出すきっかけになった。4日に延岡市で行われた陸上の「ゴールデンゲームズ㏌のべおか」の男子5000メートルで、2015年世界選手権1万メートル代表の村山謙太(旭化成)が13分36秒84をマーク。本職のマラソンにつながる好タイムに「走ってよかった。狙い通りのレースで結果につながった」と安堵(あんど)の笑みを広げた。

 ペースメーカーの後ろにぴたりと付き「ずっと得意とする2番手」で、正確なラップタイムを刻んだ。残り約150メートルで高校生に先行されたが、大きなストライドで抜き返してゴール。「4000メートル以降が弱点だが、しっかり我慢できた」と納得の内容だった。

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文645文字)

あわせて読みたい

ニュース特集