米国務省、オウム真理教のテロ指定解除 資産凍結は維持

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
オウム真理教の信者によってサリンが散布された電車が停車中の地下鉄霞ケ関駅構内に向かう化学防護服を着用した東京消防庁化学機動中隊の隊員=東京都千代田区霞が関で1995年3月20日、東京本社写真部員撮影
オウム真理教の信者によってサリンが散布された電車が停車中の地下鉄霞ケ関駅構内に向かう化学防護服を着用した東京消防庁化学機動中隊の隊員=東京都千代田区霞が関で1995年3月20日、東京本社写真部員撮影

 米国務省は20日、日本のオウム真理教について「外国テロ組織(FTO)」の指定を解除すると発表した。「もはやテロ活動に従事しておらず、その能力や意思も保持していない」と説明した。ただし、オウム真理教は「特別指定グローバルテロ組織(SDGT)」にも指定されている。凍結されていた資産が個々のテロリストに利用される恐れがある…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文400文字)

あわせて読みたい

ニュース特集