オーストラリア総選挙、野党・労働党が第1党 9年ぶり政権交代へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
地元の市役所で投票する労働党のアルバニージー党首=オーストラリア最大都市シドニーで2022年5月21日午後0時44分、石山絵歩撮影
地元の市役所で投票する労働党のアルバニージー党首=オーストラリア最大都市シドニーで2022年5月21日午後0時44分、石山絵歩撮影

 オーストラリアの総選挙は21日、投開票された。野党・労働党が下院(定数151)で第1党になり、9年ぶりに政権を奪還することが確実となった。豪ABCテレビが報じた。新型コロナウイルスの感染拡大などで経済が低迷する中、有権者はモリソン首相が率いる与党・保守連合(自由党、国民党)からの政権交代を選択した。

 新たな国会で労働党のアルバニージー党首が首相に選出される見通し。

この記事は有料記事です。

残り745文字(全文929文字)

あわせて読みたい

ニュース特集