成田空港で滑走路歩くツアー開催、着陸も見学 開港以来初めて

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 成田空港で21日、国内最長4000メートルのA滑走路を歩くツアーが開かれた。1978年5月の開港以来初めての実施で、参加した36人がアスファルトの路面を触ったり、寝転んだりと楽しんだ様子だった。

 滑走路運用前の午前4時半ごろ、バスから降りた参加者は約30分かけ、滑走路南端を約500メートル歩いた。点灯する航空灯火や排水機能を高める溝、航空機のタイヤ痕などを確かめた。ジャンプしたり…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文482文字)

あわせて読みたい

ニュース特集