出世「こだわらない」33.4% 滋賀銀、県内新入社員アンケ /滋賀

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 滋賀銀行のシンクタンク「しがぎん経済文化センター」は2022年春入社の「新入社員意識調査」を発表した。同センターが県内などの新入社員を対象にした研修会の受講者421人(男性248人、女性173人)から回答を得た。

 主な入社動機(複数回答)は、「会社の雰囲気・イメージ」(46・8%)が最も高く、続いて「業種・事業内容」(36・2%)▽勤務地・通勤時間(24・5%)▽勤務時間、休日など労働条件(16・5%)など。「社会人として自信が持てるもの」(複数回答)は、協調性(34・5%)、忍耐力(24%)、集中力(20%)、意欲・やる気(19・5%)などと答えた。主体性(2・4%)、創造力(8・3%)は1割以下だった。また、「社会人として不足しているもの」(複数回答)としては、…

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文847文字)

あわせて読みたい

ニュース特集