特集

ヤングケアラー

通学や仕事をしながら家族の介護をする子ども「ヤングケアラー」。将来が左右される深刻なケースも。

特集一覧

ヤングケアラーの実態/上 「誰にも相談せず」8割 県が初調査、生活に深刻な影響も /和歌山

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 家族の世話や介護をしている子どもは23人に1人。うち8割強が悩みを相談した経験がない――。「ヤングケアラー」を巡り、県が中学2年生と高校2年生を対象に初めて実施した調査で、そんな結果が出た。調査結果や経験者への取材からは、日常的なケアが子どもの生活に深刻な影響を及ぼす一方、声を上げにくい現実が見えてくる。【木村綾】

この記事は有料記事です。

残り1337文字(全文1496文字)

【ヤングケアラー】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集