特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

食に国境なし ウクライナ支援、料理人の心意気 博多食文化の会が来月19日、チャリティー夕食会 /福岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ウクライナ支援のチャリティー夕食会を企画した吉田安政さん=福岡市中央区で2022年5月16日午前11時57分、野間口陽撮影
ウクライナ支援のチャリティー夕食会を企画した吉田安政さん=福岡市中央区で2022年5月16日午前11時57分、野間口陽撮影

ホテルオークラ

 ロシアが侵攻するウクライナを支援しようと、福岡市の料理人ら約30人でつくる「博多食文化の会」は6月19日、チャリティー夕食会を開く。売上金の一部はウクライナや近隣諸国への避難民に寄付する。同会世話人の吉田安政さん(80)は「食に国境はない。『平和が一番』という夕食会にしたい」と意気込む。【野間口陽】

 欧州各国で食文化を学んだ吉田さんは帰国後に西日本初の本格フレンチ店を開き、九州のフレンチ料理をリードしてきた。今は「メゾン・ド・ヨシダ中洲」(福岡市博多区)のオーナーを務める吉田さんは約40年前、料理人の社会的地位向上のため同会を設立。年1回の児童養護施設の子供を招いた食事会や、障害者の社会参加を促す料理イベントを開いてきた。

この記事は有料記事です。

残り568文字(全文891文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集