特集

第80期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が挑戦する第80期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第80期名人戦七番勝負 挑戦者・斎藤慎太郎八段-渡辺明名人 第2局の14

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

名人の強さ 観戦記・加藤まどか

 図では玉の反対側を攻める、[後]3六歩が落ち着いた好手。「[後]3七歩成が先手になるので駒得を広げるのが効率がよい」と渡辺。以降堅い後手陣はびくともせず勝ち切った。終了図以下は[先]8五同銀[後]同飛[先]同金[後]7六銀[先]6八玉[後]6七金[先]7九玉[後]7七銀成で必至。他の変化も後手勝勢。

 第1局に続き、渡辺は挑戦者に付け入る隙(すき)を見せない、圧巻の強さを見せた。斎藤は序盤[先]4八金(第6譜)までさかのぼり「[先]3八金なら一局」と振り返る。厳しい内容だった。

この記事は有料記事です。

残り534文字(全文790文字)

【第80期名人戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集