守りのちカウンター 埼玉パナソニック決勝へ ラグビーリーグワン

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【埼玉-東京ベイ】前半、インターセプトから独走し、埼玉の竹山(右)がトライを決める=東京・秩父宮ラグビー場で2022年5月22日、長谷川直亮撮影
【埼玉-東京ベイ】前半、インターセプトから独走し、埼玉の竹山(右)がトライを決める=東京・秩父宮ラグビー場で2022年5月22日、長谷川直亮撮影

 ラグビー・リーグワンは22日、プレーオフ準決勝が東京・秩父宮ラグビー場であり、埼玉パナソニックワイルドナイツがクボタスピアーズ船橋・東京ベイに24―10で快勝し、29日の決勝に進んだ。

 得意の守備で耐え忍び、カウンターを狙う。埼玉の強みが出た試合だ。

 前半終了間際、埼玉は自陣ゴール前で東京ベイのラインアウトモールを2度しのいだ。3回目のラインアウトで相手が左に展開し左端の選手へパスが放たれる寸前、埼玉のWTB竹山は「(パスを出す選手の)目が自分ではなく外側を見ていた。『行け…

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文601文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集