特集

知床観光船事故

2022年4月23日、知床半島沖で観光船が沈没。乗客乗員計26人のうち14人が死亡、12人が行方不明に。

特集一覧

知床観光船事故

識者に聞く/2 出航判断、立件の焦点に 海事補佐人・山本剛也弁護士 /北海道

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
オンライン取材に応じる山本剛也弁護士
オンライン取材に応じる山本剛也弁護士

 船舶は自動車と異なり、航行不能となれば、すぐさま転覆や沈没の恐れがある危険な状況に追い込まれる。これまで報道されてきた運航会社「知床遊覧船」の安全管理のずさんさを見ていると、人命を預かる意識があまりに薄かったと言わざるを得ない。

 海上保安庁が業務上過失致死容疑で捜査に当たり、運航管理者の桂田精一社長の刑事責任を問う声も上がっている。海難事故では実際に操船していなかった関係者が罪に問われることはめったにない。しかし、沈没した観光船「KAZU Ⅰ(カズワン)」の出航判断に桂田社長が関わっていたとなれば、立件される可能性が出てくる。

 桂田社長が、天候が悪化し海が荒れるという天気予報をどれだけ把握していたかは定かではないが、予報内容を認識していた場合は、出航をやめさせなかった過失が問われる。予報を知らなかったとしても、運航管理者として予報を把握し、出航させない義務があったとされることも考えられる。

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文767文字)

【知床観光船事故】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集