特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

ウクライナ学生の「希望の光に」 西南女学院大に支援団体 メンバー募集、交流拡大も計画 /福岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「LIGHTHOUSE」のメンバーを募集している帆足さん(左)と道城さん
「LIGHTHOUSE」のメンバーを募集している帆足さん(左)と道城さん

 ロシアの侵攻により日本へ避難したウクライナの若者を受け入れている西南女学院大(小倉北区)で、支援のための学生ボランティア団体「LIGHTHOUSE」が設立された。「困っている人の力になりたい」と同大の学生が積極的に活動する。ウクライナと日本、遠く離れた国の若者たちが交流を深めている。【日向米華】

 同大は4月から、ウクライナ人の20歳の女子学生2人を特定科目の履修生として受け入れている。2人は英語や韓国語などの第2言語のほか、体育の授業などにも出席している。

 同大キリスト教センターのサポートのもと団体を設立したのは人文学部英語学科4年の帆足優紀子さん(22)。帆足さんは2人が大学に来た当初からサポートなどに携わっていた。「心の中ではきっとつらいことも多いと思うが、いつもポジティブで積極的」と2人の印象を語る。

この記事は有料記事です。

残り979文字(全文1338文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集