大野城市長杯まどか少年野球 志免ブラザーズ頂点に 決勝、新宮ジュニア降す /福岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 大野城市市制50周年記念第35回大野城市長杯まどか少年野球大会の準決勝、決勝が3月20日、大野城市の大野城総合運動公園野球場であった。志免ブラザーズが決勝で新宮ジュニアオーシャンズを7―1で降して優勝。3位は月の浦フェニックスと大野城少年野球が入賞を果たした。

 ▽1回戦(3月13日)古賀東エンゼルス13-4高取少年野球クラブ、博多レッドキッズ6―5筑紫野リトルホークス、新宮ジュニアオーシャンズ26―2春日リトルウイングス、香椎浜サンダース7―0桂川スターキッズ、赤間パイレーツ6―3春日少年野球、山田ツインズ・桂川町野球スポーツ少年団合同6―4筑紫野ファミリーズ、二日市ジュニアーズ3―0西福岡マリナーズ、星の原スターズ少年野球部10―2太宰府ブルースカイ、筑紫ビッキーズ7―0夜須イーグルス、大木ジュニアーズ3―2西長住ワイルドグース、国分少年野球17-0城少レッドスターズ、篠栗イ-グルス6―4那珂川マリナーズ、志免ブラザーズ25-2尾仲ファイターズ、太宰府ブレーブス20―0片江スポーツ少年団野球部、小野少年野球11―5飯塚ファイヤーズ、大板井レインボーズ7―0筑紫野サターンズ

 ▽2回戦(同)古賀東エンゼルス4―3博多レッドキッズ、柳川城内ボーイズ9―6大野リトルファイターズ、新宮ジュニアオーシャンズ16―7香椎浜サンダース、粕屋レッドソックス4―0大野ヤングライオンズ、赤間パイレーツ11―9山田ツインズ・桂川町野球スポーツ少年団合同、福吉レッズ8―2御笠の森リトルベアーズ、星の原スターズ少年野球部7―3二日市ジュニアーズ、月の浦フェニックス5―2宇美ジャイアンツ、筑紫…

この記事は有料記事です。

残り723文字(全文1418文字)

あわせて読みたい

ニュース特集