陸上 九州実業団選手権 児玉、風に乗りV 女子100メートル

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
女子100メートル決勝、1位でフィニッシュする児玉=平川義之撮影
女子100メートル決勝、1位でフィニッシュする児玉=平川義之撮影

 第65回九州実業団陸上競技選手権(九州実業団陸上競技連盟、毎日新聞社主催)最終日は22日、北九州市立本城陸上競技場で行われ、女子100メートルは昨夏の東京オリンピック400メートルリレー代表の児玉芽生(めい)=ミズノ=が追い風参考ながら11秒39で優勝。男子走り高跳びは真野友博(九電工)が自身の持つ大会記録を3センチ塗り替え2メートル30で連覇した。最優秀選手には真野と21日の男子5000メートル競歩を制した池田向希(旭化成)、女子三段跳び優勝の高島真織子(九電工)が選ばれた。

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文689文字)

あわせて読みたい

ニュース特集