上場企業の決算書類を一本化へ 女性管理職比率など公開義務付けも

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
金融庁=根岸基弘撮影
金融庁=根岸基弘撮影

 金融庁の金融審議会の作業部会は23日、投資家が企業価値を見極めやすくなるように、女性管理職の比率や男女間の賃金格差といった指標の情報公開を、約4000社の上場企業に義務付けると明記した報告書案を了承した。国に提出する決算書類「四半期報告書」を廃止し、証券取引所の規則に基づく「決算短信」に一本化することも盛り込んだ。

 社員の多様性を示す情報の開示は世界的な潮流で、英国やドイツが管理職の男女比率などの公表を企業に求めている。金融庁は内閣府令の改正を経て、企業が年1回作成する有価証券報告書に記載しなければならない「従業員の状況」の項目に追加する形で、女性管理職の比率、男女間の賃金格差、男性の育児休暇取得率の公開を義務付ける。できるだけ早期に本格適用することを目指す。

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文567文字)

あわせて読みたい

ニュース特集